読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Velvet UG Project

ビジネス/プライベート/持論/思想/趣味/日記/写真/メモ

ビジネスモデルの一例

一軒だけ会社の得意先へ納品。その後、今後の事業で関わる業者と下打ち合わせ。この先、ただ自由を勝ち取ったっていうだけじゃ 生活にハリも出ないんで、ビジネス事もいくつか並行して進める。

その内の一つが商品開発。一般的に企業では企画、開発チームみたいなのがあって、リサーチやモニター調査なんかを行なった後 製造、販売となる流れ。これでは 商品が売れなかった場合、すべてが不良在庫となるし、個人規模ではなかなか出来ない。逆の発想で、小ロット生産が可能な製造元を探し、GOを出したらいつでも取りかかれるようにと あらかじめ話を通しておく。あとは先行予約でオーダーを募る。完全受注生産としておけば、一個も売れなくても損失は広告費とモニター費用くらい。

簡単に書いたけど、肝心な商品アイデアっていうのが余程センスがあるか 流行に敏感でないと浮かばない。でも、ひとつだけヒントとなるのが 人のコンプレックスを解消するもの。ダイエットなんかはメジャー過ぎるから、例えば 陥没乳首wだとか あまり他人には言えないような 極力こっそり解決またはマシな状態に出来ないものか、っていうのが狙い目。

この件は まだまだ構想段階で未定だけど、やろうと思えばビジネスモデルは いくらでもある。これがオレの強み。